夏菜の野菜畑

アクセスカウンタ

zoom RSS かわいそうな象

<<   作成日時 : 2011/06/24 14:48   >>

トラックバック 0 / コメント 0

きのうは朝から、小学校一年生に絵本の読み聞かせ。
今日の絵本は、学校の先生からのリクエストで「かわいそうな象」です。
なんでも、6年生が広島の原爆記念館に行ってきたこともあり、一年生の子供たちにも戦争関連の絵本をぜひに、
ということで、リクエストがあったのだそう。

画像

 第二次世界大戦中、軍の命令で象を餓死させた話です。

実は図書ボランティア一同、うーむと考えこみました。
「かわいそうな象」は名作です。戦争を考えるきっかけに絵本を読み聞かせるのも悪くはないでしょう。
でも、ついこの前まで幼稚園に行っていた子供たちです。12分くらいかかる長いお話に集中できるのか、
また、あまりにもヘビーな内容を受け止めきれるのか。読み聞かせは今回でまだ2回目なので、もう少し楽しいお話の方が良いのでは……などの意見が出ましたが、結局せっかくのリクエストなので応じることになりました。

で、読んできたのですが、意外にも一年生、最後まで微動だにせず、食い入るように上手に聞いてくれました。
私語、悪ふざけ、いっさいなし! うん、素晴らしい!!
けれど、あまりにシーンとしていて、感動しているのか、単に固まっているのか、見分けがつかない……。

どっちなの? と読み終わり、「来月もまた、絵本を読みに来ますね〜」と挨拶すると、女の子が1人、立ちあがって言いました。
「来月は、もうちょっと楽しい本、持ってきてな」
先生が、「これこれ」という感じでうろたえてる

うー、やっぱりそういう感想でしたか。
「はいはい、来月はわっはっはーと笑えるような本、持ってきますよぉ」と教室を後にしました。
他の5クラスも、やはり固まっていたようです。
まあ、受けなかったけれど、戦争を考えるきっかけになればいいかな……。
私のごく個人的な嗜好としては、読み聞かせに教育的見地が入るのは、あんまり好きじゃないんですけどね。
読み聞かせに向いた本選びと言うものも、なかなか難しいものです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
かわいそうな象 夏菜の野菜畑/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる