夏菜の野菜畑

アクセスカウンタ

zoom RSS 教材を書くということ

<<   作成日時 : 2011/07/12 15:28   >>

トラックバック 0 / コメント 2

今日は同人誌の例会。教育委員会の人も来て下さって「プロジェクトS」の半分が決定しました。
市の記念事業のひとつとして冊子となり、フォーラムで発表されたり、小学生の「ことば科」の授業の教材となります。
同人誌として、大変光栄に思います。

最初から「教材」を意識していたので、同人一同かなり言葉を選び、魚の骨を抜くようにして書いたつもりですが、それでもまだ小骨が残っていたようです。この個所を書きなおして、再提出です。教材を書くというのは、普段の創作よりもかなり自由度が下がりますが、その範囲内で最大限によいものを書けるのが、プロということですよね。まだまだ修業が必要なことを再認識しました。

あと小学生向け教材だけでなく、市民に配布する作品集も書く予定です。こちらはみなで一作品ずつ書いて、アンソロジーにします。こっちの締め切りはまだまだ先なのですが、案を温めておかなければ。暑いけど、みんなで頑張りましょう!


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
今回初めての経験でした。依頼原稿ってのは。
教育委員会の指針とは、−ぅん、そうなんだぁみたいな。
でもちょっとホッとしました。
最初からこれで行こうと思ってたけど、
さてこれから、よろしくお願いしますね。
もう注文取りはおしまいにします。
でも、「里帰り・・・」も授業で使えると思う。
売り込みしようかな、
自分のことでないとできる私。
8月のYA講演会、成功させたらも一つホッ!
10月の講演会、面白い話できたら、うんとホッ!
最後に「桜物語」、ちょっと拒否反応の現在、
体調回復すれば、少し前向きに動けるかなあ・・・
のん子
2011/07/14 09:14
里帰りの方も、是非売り込みお願いします。勿体ないですもんね〜。 のん子さんの御作品、お手伝いできることは何でも言ってくださいね。

と言っても、取材の時に車出すとか、カバンを持つとか、執筆しているのん子さんをうちわで扇ぐとかしかできませんけどォ あれはのん子さんだけにしか書けませんもん。

でもきっといいものできますよ。暑いですから、おたがいボチボチ参りましょう。
夏菜
2011/07/14 16:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
教材を書くということ 夏菜の野菜畑/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる