夏菜の野菜畑

アクセスカウンタ

zoom RSS 今月の読み聞かせ

<<   作成日時 : 2011/07/14 17:58   >>

トラックバック 0 / コメント 0

朝もはよから、一年生に読み聞かせ。
今日の絵本はこの二冊。

画像


「ゴリララくんのコックさん」
ちくわが大好きなゴリララくんが、なんでもかんでもちくわの穴につめた料理を出してくれます。
子供たちも、大受け。

画像


「おこだでませんように」
いつも怒られている男の子が、七夕の短冊に「おこだでませんように」と書く話です。

どちらもよかったのだけれど、二冊目を読んだ後に思わぬ反応が!
「どうして、だでなんですか?」
と男の子から鋭い突っ込みです。

そうなんだよねー。ひらがなもまだ上手に書けない一年生が「おこだでませんように」と一生懸命書くところに大人はやれらます。
「まー、けなげにねえ かわいいねえ」という感情です。
でも、同い年の子供たちにはもちろん「けなげにねえ」という感傷はありません。
「なんでちゃんと、おこられませんようにって書けへんねん。なんで、大人はまちがえたまんま、題名にしたんやろ」
という気持ちのようです。

この絵本は2009年の課題図書で、絵本サイトを見ても「泣けました」という大人の感想が多いのですが、子供たちはだあれも泣きませんでした。つまり、どちらかと言えば大人サイドからの絵本なんですね。大人目線と子供目線の差がよーくわかりました。。読み聞かせは、私たち読み手の方が、勉強させられることばかりです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
今月の読み聞かせ 夏菜の野菜畑/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる