夏菜の野菜畑

アクセスカウンタ

zoom RSS 道がつく瞬間

<<   作成日時 : 2012/03/08 14:06   >>

トラックバック 0 / コメント 2

ずうっといじくりまわしていたのに、行き詰っていた作品。
今日、ふっと道が開きました!
があっと思いついた断片をメモ書きしながら、ストーリーに感動して泣けてきました。
(引かないでね。かなりヘンだという自覚はありますので)

思うに、創作には「アウトプット道」というものが、あるんじゃないかと思います。
まあ、「産道」といいますか、初産の人は固いけれど、経産婦はやわらかくて、短時間で産めちゃうみたいな。
創作もいっぱい産んで、百戦錬磨の経産婦になってこそ、じゃんじゃん作品を生み出せると思うんですね。
けれど、私は修行が足りていないのか、なかなか産道が開かず、陣痛も長引きがち。
(才能の問題かも!?)

つくづくしんどくなって、もうこんりんざい妊娠なんかしないぞっと思うんですが、
いざ産道が開いて、産めそうだっと思えた瞬間の喜びときたら……。
この瞬間があるから、やっぱり書くのは止められません。
マニアックな話題で、ごめんなさい。
ヘンタイと思わないでね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
だから書けるんだよ。そんな時って、嬉しいね。
長編だと、ことにそう感じます。
でもごく短い物になると、ひらめきって感じかしら。
私は今、みなさんの原稿をプリントしながら、
チェックしてます。少しイラつきながら。
のん子
2012/03/09 10:48
そうですね、短編のひらめきと、長編のひらめきは種類が違う気がします。短編は一回ひらめいたら、とりあえず最後まで書けるでしょ? でも、長編は何回もひらめきの瞬間が必要な気がします。
原稿チェックお疲れ様です。13日、一緒にがんばります!
夏菜
2012/03/09 13:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
道がつく瞬間 夏菜の野菜畑/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる