夏菜の野菜畑

アクセスカウンタ

zoom RSS 近頃の読書

<<   作成日時 : 2012/07/07 18:37   >>

トラックバック 0 / コメント 0

「春風のネックレス」 後藤みわこ
「少年探偵と四つの謎」 赤川次郎他
「ヴァンパイア大使 アンジュ」 川崎美羽
「ぼくらの学校戦争」 宗田理
「忍剣花百姫伝」 越水利江子
「幽霊バスツアー」 赤川次郎
「マジカル少女レイナ 怪しいパテシェ」 石崎洋司
「ラブ 偏差値 初デートはちょいビター」 斉藤栄美
 6月30日〜7月7日分

累計 27冊

今日は16日にある、関西児文協の読書会の課題本を。

「夕べの雲」 庄野潤三

ひぃぃ〜、エンタメばっかり読んでて、こういう純文学読むと、頭がついていかない。
だって、なーんにも起こらないんです。
「ストーリー」というものが、無い!
細やかな日常生活の描写が、格調高い「おかしみ」を伴いつつ、ただただずうっと続きます。
まさかこのまま、なんにも起こらないのか? と思わず解説とか読んだけど、
やっぱりなんにも起こらないらしい。
なんでもない家族の毎日なんだけれど、「夕べの雲」という題名にもあるとおり、
「一瞬も同じ形はなく、移りいき、かわっていくもの」として、日々大切に愛しんでいます。
私自身をふりかえって、「ああ、もっと丁寧な生活者にならなければ」と襟を正しそうになります。
「サザエさん」を香り高い文学にしたような、作品です。

しかし、「何か起こって」「スピーディにどたばたと展開し」「あっと驚くどんでん返しでビックリ」
というような、文庫ばかりよんでいると、「頼むから何かちょっと起こってくれえ」と思ってしまうのでした。
たぶん、もうちょっと読み進むと、純文学を読む感覚ががもどってくると思います。
夜に、残りを読もう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
近頃の読書 夏菜の野菜畑/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる