夏菜の野菜畑

アクセスカウンタ

zoom RSS 児童文学公開研究会 in 京都

<<   作成日時 : 2013/08/28 14:57   >>

トラックバック 0 / コメント 0

今日は、児童文学者協会のイベントの宣伝です。
9月7日に、京都にて、夜回り先生水谷修氏をお迎えし、公開研究会を開催いたします。
私、いちおう実行委員ですので、宣伝させてくださいね。

幸い多くの皆様にお申し込みいただいているのですが、若干、席に余裕があるそうです。
早いもの勝ちということで、よろしくお願いします。
懇親会は、定員まであと10を切っていますので、特にお早めに……。
児童文学者協会の会員様だけでなく、一般の方も勿論大歓迎!
夜回り先生のご講演だけだと無料ですので、ぜひ!

安田はずうっと、会場におりますので、お声をかけてくださいね☆



*****************************************************************

 児童文学公開研究会in関西 〜子どもたちは今……〜



 一昨年、大津でのいじめを苦にしたとみられる中学生の自殺が大きな話題となり、改めて子どもたちをめぐる状況の深刻さが浮き彫りとなりました。子どもの喜びや悲しみを、どのように受けとめ得る大人でいることができるのか―それはそのまま、児童文学に関わるわたしたちの課題でもあります。
 「夜回り先生」として生き悩む子どもたちと向き合ってこられた水谷修氏を迎え、子どもと子どもの本をとりまくさまざまな課題について、3つの分科会を通して語り合い、深め合いましょう。たくさんの方たちのご参加を願っています。

◆日程 9月7日(土)

◆会場 京都教育文化センター(京阪鴨東線神宮丸太駅下車 TEL075-771-4221)

◆プログラム
第一部 講演 午後1時半〜3時

水谷 修 「あした、笑顔になあれ 〜 夜回り先生、いのちの授業」

第二部 分科会 午後3時15分〜5時
A 現場から“今”を考える 〜講演を受けて〜
パネラー あまんきみこ(作家)、日下恭子(小学校教員)、村中李衣(作家)、山室秀之(講談社編集部)、司会・中川なをみ

B “今”が物語になる時 〜作家が創作の秘密を語る〜
パネラー 丘 修三、岡田 淳、楠 章子、後藤みわこ、司会・今関信子

C 物語に“今”を読む 〜「3.11」以降に出された作品を対象に〜
パネラー 一色悦子(作家)、西山利佳(評論家)、目黒 強(評論家)、司会・北村夕香

第三部 懇親会

◆参加費 1,000円(但し、第一部のみは無料)、懇親会費4,000円

★申し込み 名前、住所、電話番号と参加希望分科会、懇親会の参加有無をご記入の上、FAXまたは郵送で日本児童文学者協会事務局までお送りください(Eメールも可)。参加費は当日受付にてお支払いください。定員300名。分科会定員200名(先着順)。

主催:一般社団法人 日本児童文学者協会
〒162-0825 東京都新宿区神楽坂6-38中島ビル502
TEL03-3268-0691 FAX03-3268-0692 E-MAILzb@jibunkyo.or.jp

(本事業は子どもゆめ基金助成を受けて実施されます。)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
児童文学公開研究会 in 京都 夏菜の野菜畑/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる