夏菜の野菜畑

アクセスカウンタ

zoom RSS しゅるしゅるぱん

<<   作成日時 : 2015/12/02 13:53   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像


「しゅるしゅるぱん」 おおぎやなぎちか著 児童文学ファンタジー大賞・佳作受賞作品です。

――いないようで、いるものが住んでいるところ――

柳田国男の「遠野物語」や、宮沢賢治の童話を読むにつれ、それが私の東北地方のイメージになりました。
不思議なものたちに寄り添える、懐の深さ。
全てをゆったりと受け入れ、土を耕すように肥やしていく人々。
それがこの作品の底にも、たしかに流れているような気がするのです。

「いないようでいるもの」を作り出すのは、やはり人間の思いにほかなりません。
四世代にわたる人々の思いを、丁寧にすくい上げながら、「しゅるしゅるぱん」の謎は解き明かされていきます。緻密に練られた構成、散りばめられた東北の空気感……。
俳句にも造詣の深い、おおぎやなぎさんならではの表現力だと感じました。
読み終えたあと、登場人物たちに思いを馳せ、しみじみとした読後感を味わいました。

考えたら私たち自身、「いないようでいるもの」なのかもしれません。
先人の思いが、命を、不思議をリレーしていく。
主人公解人が、リレーでバトンをつないでいったように。
それぞれの存在の不思議を、そっと肯定してくれるような素敵な物語でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
しゅるしゅるぱん 夏菜の野菜畑/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる