夏菜の野菜畑

アクセスカウンタ

zoom RSS 講談社児童文学新人賞最新刊

<<   作成日時 : 2016/07/08 22:06   >>

トラックバック 0 / コメント 0

去年、講談社児童文学新人賞を受賞された、戸森しるこさん。
そして佳作を受賞された、小俣麦穂さん。
お二人のデビュー作が、そろって刊行されています。

「ぼくたちのリアル」
画像


そいつの名前は、秋山璃在。ぼくたちの学年で、リアルを知らないやつはいない。なぜって?リアルはすごいやつだから。学年一の人気者。ナンバーワンでオンリーワン。璃在。たしかに、それはあいつにふさわしい、かっこよくて勢いのある名前だった……。

「さっ太の黒い子馬」 
画像


ぼくをだいじにしてくれるって、いってくれたよね? 黒っこの声が聞こえた気がして、さっ太はとっさに手をあげました。「おらも、黒っこがほしいです!」―子馬選びのお祭りでは、ふたりの子どもがこの黒い子馬をほしがりました。今年いちばんの黒い子馬にふさわしい童を選ぶため、子どもたちは試練の旅に出かけることに……。

「ぼくたちのリアル」は、今を生きる子どもたちを、文字通りリアルに書いた物語。三人の少年たちのキャラクターが、実に見事に立ち上がっています。どの子も本当に魅力的に描かれており、全体の構成も練れていて、完成度の高さが眩しかったです。作者のセンスを感じました。

「さっ太の黒い子馬」は、昔の信州を舞台にした、子どもたちの成長物語。力一杯投げた、ストレートの直球のような爽やかさに、とても好感を持ちました。こういう真っ直ぐな物語は、今かえって新しいのではないでしょうか。読後感がとてもよく、すがすがしい気持ちになれました。

タイプの全く違う2冊ですが、それぞれに素敵な作品です。
多くのお子さんに届きますように!
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
講談社児童文学新人賞最新刊 夏菜の野菜畑/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる