アクセスカウンタ

<<  2016年11月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


錦秋文楽公演

2016/11/23 14:24
国立文楽劇場に、生まれて二回目の文楽を見に行ってきました。
今回のは「入門」じゃなくて、たっぷり三本立てです。

画像


中西らつ子さんお手製の「観劇のしおり」で、期待感がさらにアップ。
まずは、手前の坊太郎ちゃんと右で拝んでいる乳母さんとの、親子愛を描いた「花上野誉石碑」
そして恋人への愛ゆえ、夫殺しの罪を負ってしまうお駒さんの話「恋娘昔八丈」(髪結いの才三、男前!)
最後は、想う人への恋心が高じ、ついに大蛇となってしまう清姫を描いた「日高川入相花王」

まだ二回目で初心者の私なんですが、気が付いたことがあります。
文楽はね、文楽なんです。「劇」の延長でも、「歌舞伎」の変形でもない。
唯一無二のものなんですね。

というのも、あのお人形の動き。
人間が実際にやったらおかしい、というか、そういう動きはしないですよね?
という格好をする。
リアルを追求しているのではなく、ディフォルメしているんです。
そのディフォルメゆえに、よりいっそう感情を……嫉妬も情念も切望も……増幅して伝えることができるのではないかと。

考えたら、人間のリアルな動きを忠実に真似るのなら、人間にやらせておけばよいわけです。
お人形に、人間にはできないプラスアルファの表現をさせてこその、文楽なんですね。
それでいて、人間に見えなくても困る。
たぶん、首の傾げ方、手のちょっとした動き。
ひとつ間違えても、バランスが崩れるんじゃないでしょうか?

針の穴に糸を通すような、芸だと感じました。
これをやりきれる技芸員さんって、ほんとすごい。

あと、今回私のツボに入ったのは、「つめ人形」たちの愛らしさ。
(私のツボは、ちょっと人とずれてることが多いんですが(^-^;)
つめ人形というのは、「その他大勢」人形といいますか、町人A、B、Cみたいな役どころなんですね。
主役級の人形は三人がかりで動かしますが、つめ人形は一人だけで動かします。
お顔も素朴な脱力系といいますか、なーんかほんとにアホ可愛いくって、
親しみを持てるお顔をしているんです。

とにかく文楽って、予想以上に深くて見どころがいっぱいです。
また行きたいです(*^^*)


記事へトラックバック / コメント


YA! アンソロジー 14歳 (YA! ENTERTAINMENT)

2016/11/16 18:11
アンソロジー出ましたよ〜。牧村久美さんが、またもや素晴らしい表紙絵で彩を添えてくださいました。
せつなくもどかしい、14歳の心模様が詰まっています。
もうすぐ14歳の人も、今14歳の人も、かつての14歳の人も、どうぞお手に取ってみてください。

画像
記事へトラックバック / コメント


<<  2016年11月のブログ記事  >> 

トップへ

夏菜の野菜畑 2016年11月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる