夏菜の野菜畑

アクセスカウンタ

zoom RSS ハリネズミ乙女 はじめての恋

<<   作成日時 : 2017/01/23 17:57   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像


令丈ヒロ子さんの、初大人向け小説!
ということで、いったいどんな大人の世界になっているのだろうとドキドキしながら読みました。
「大人向け」と言われたもので、ついつい身構えてしまいましたが……。

そこは、キュートでピュアで、あたたかな世界でした。
「児童文学」を長年書いてこられた、その良い意味での延長線上に、この物語はありました。

関西の芸人一族の家に、生まれ育ったコノカ。
その特殊な環境ゆえに、自分の居場所を見失ってしまい、東京に出て一人暮らしを始めます。
そんなコノカが出会ったのは、ペットショップのハリネズミくん。
孤独な乙女の心情と、ハリネズミくんのキュートさが、もうベストマッチ!

コノカちゃんは、ある意味ちょっと「イタイ子」なのですが、それがまたいじらしくってしょうがない。
読書の楽しみのひとつは、登場人物の中に自分を見出す瞬間ですが、
たぶんコノカちゃんと自分を重ね合わせる女子が、続出すると思います。
いろんな形で、だれもが持っている「イタさ」「劣等感」「閉塞感」
そういうものに、この本は実に巧みに寄り添い、笑いと涙で癒してくれます。

大人になっても、人は弱い。
私は10代のころは、20代になれば人は完成し、30くらいになったら悟りを開いた存在になるのだ、
と本気で思っていました。
それがまあ、どうしてどうして(笑)
30どころの騒ぎではありません。
この年になっても、イタイ思春期状態が、部分的にせよ残っているとは。
そうして、その部分をなにかで癒したいと願っているとは。
そんな女子はきっと、私だけではないはずです(と思いたい!)

そんな永遠の乙女の、お手元にぜひ。
この本の影響で、ハリネズミを飼う人が増えそうです。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ハリネズミ乙女 はじめての恋 夏菜の野菜畑/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる