アクセスカウンタ

<<  2017年2月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


ノンフィクション二冊

2017/02/05 16:08
関西在住作家さまの、ノンフィクションを二冊ご紹介します。

一冊目は、上坂和美さん「山中伸弥物語」
画像


言わずと知れた、ノーベル賞受賞者・山中伸弥博士のこれまでを追ったノンフィクションです。
整形外科医としてスタートした山中さんに、最初につけられた名前は「ジャマナカ」 あまりの手術の下手さに、毎日怒られまくり、基礎医学に方向転換。しかし、その研究の道はいばらの道。成功率が一割にも満たない世界です。
アメリカで恵まれた研究環境を手にしたものの、家族が帰国してしまうと寂しさに耐えきれなくなり、研究の途中で日本に帰ってしまった人間臭いエピソードなども紹介されています。
そう、人間は小さくて弱くて、それはノーベル賞受賞者でも変わることはありません。しかし山中さんはそのたび折れずに立ち上がり、発想を転換させ、自分を励まし、再び研究に体当たりしていくのでした。
「レジリエンス」という言葉が、巻末で紹介されています。すなわち、「心の回復力」
つらいことがあったときに、しなやかに順応して生き延びる力。
山中伸弥という、ひとりの研究者を通じて、この「レジエリエンス」がいかに大切か伝えてくれる作品です!
壁にぶちあたって悩む、多くの子どもや若者に、ぜひぜひ。


二冊目は、おちまさ子さん「けん玉道の師・藤原一生物語 」
画像


恥ずかしながら私は、「けん玉」というものを、日本の郷土玩具みたいなものだと思い込んでいました。
発祥はなんと、16世紀のフランスなんですね。郷土玩具どころか、たいへんグローバルなものだったのです。
表紙には、世界各国のけん玉に囲まれた、ひとりの男性の姿が。
そう、この人こそ「けん玉道の師」藤原一生さん。なんと、童話作家です。
ひとりの童話作家が、世界中にけん玉を広め、さかんにしていったことを、私は初めて知りました。
「けん玉のひびきは平和のひびき」そして、「生きる力」になる。
そんな彼の思いが、情熱が、ひしひしと伝わる本でした。
作者のおちまさ子さんは、これが単行本デビュー。彼女自身、けん玉の段持ちです。
藤原一生さんと、おちまさ子さん。二人のダブルけん玉愛にあふれた一冊、きっと子どもたちをワクワクさせることでしょう。



記事へトラックバック / コメント


<<  2017年2月のブログ記事  >> 

トップへ

夏菜の野菜畑 2017年2月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる