アクセスカウンタ

<<  2017年4月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


書店巡り&取材

2017/04/27 23:13
24日、26日と、くじらじゃくしを置いてくださっている書店さんに、ご挨拶に伺いました。
イラストの中西らつ子さん、担当編集者さん、セールスパートナーさんもご一緒なので、すごく心強かったです。
京都、大阪、神戸、西宮と、2日で9件回りました。
ポップを飾ってくださったり、色紙を作らせて頂いたり、心より御礼申し上げます。

そして今日は某新聞さんから取材を受け、らつ子さんとともに、ちょこっとお話をさせて頂きました。
紹介記事が掲載されましたら、またお知らせいたします。

いろんな方と出会いがあるのも、書いているからこそ。
定吉やイトはんや、くじらじゃくしのおかげで、新たな経験もたくさんさせて頂き、
うれしく思っている次第です♡

画像

記事へトラックバック / コメント


「晴れ着のゆくえ」 中川なをみ

2017/04/25 16:21
児童文学作家、中川なをみさんの大人向け小説。
まずその、装丁に心を奪われます。

画像

画像


この表紙カバーは、むらさき草で染めた、紫紺染め。
そして、カバーの下にあるのが、日本茜で染めた、茜染め。
それぞれ、祖父が祖母が、孫のために染料を手作りするところから始め、
手間暇かけて染め上げた、布なのでした。

――色は、染料になる植物の意志だよ。ねじ伏せても、機嫌を損ねるだけだ――

そうして晴れ着となり、長襦袢となったこの布たちが、持ち主の少女のもとを離れ、
さあ、どんな旅をしていくのか。

実に実に、美しく、かつ繊細な緊張感が漂う作品です。
文は人なり、というのはよく言われることですが、私はこの作品を読んで、
ますます深くそれを実感したのでした。

中川なをみさんが、これまでに追求してきたものたちが、この作品の中にはぎっしり詰まっています。
いつまでも触れていたいような布。
つるりとした陶器。
国境も時間も超えて、なおも美しいものたち。
そういうものを、繰り返し愛するのも、愚かな戦争をくり返すのも、やはり人間。

作者ご本人の美意識が、あますことなく伝わってきました。
作中の布の手触りが、匂いが、読後いつまでも残るのでした。

――自信がなくてしょんぼりなんかしたら、着物だけが目立って、わたしはみすぼらしくなってしまう――

ああ、こういう気概を持って、モノを書いていきたいものです。
すぐに自信をなくして、しょんぼりする私は、思わず身じまいを正したのでした。



記事へトラックバック / コメント


「くじらじゃくし」発売です!

2017/04/17 20:47
新刊の見本が届きました!
上方落語風ファンタジー(?)童話「くじらじゃくし」です。
大好きな上方落語のお話を書けて、しかも本にしていただけるなんて、これ以上の喜びはありません。

落語台本を、ちょこちょこ書き出したのは5〜6年前だったと思います。
その後「上方落語台本募集」に入選し、月亭八方師匠に高座にかけて頂いたことは、今思い出しても嬉しい思い出です。

けれど私は落語作家ではないので、落語台本はあくまで趣味。
同人誌で、ちょこちょこ書いてはいましたが、そこまでのことだと思っていました。
まさかそれを種に大改造して、新聞連載していただき、、その後書籍化まで実現しようとは!
ほんとうに嬉しく有り難い限りです。

しかも挿絵は、落語ファン垂涎の中西らつ子さん。
彼女のあたたかく、親しみやすい絵だけでも、お手に取っていただく価値は十分です。
新刊「くじらじゃくし」は、4/20日発売。
定吉&イトはんを、どうぞよろしくお願いいたします。

http://amzn.asia/2iL4Fko

画像


画像
記事へトラックバック / コメント


<<  2017年4月のブログ記事  >> 

トップへ

夏菜の野菜畑 2017年4月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる