乳がんから、ほぼ10年

今日は一年に一度の、乳がん全身検診。
今年も無事クリアすることができました。

乳がんと診断されたのは、9年9か月前です。
ほぼ10年間、なんとか無再発で生きております。

かかって2~3年のうちは、しょっちゅう絶望してました。
なにしろ腋下リンパ節に4つも転移があるというハイリスク。
手術に抗がん剤に放射線にホルモン療法と、治療はフルコースてんこ盛り。
副作用で心身ともにヨレヨレになり、再発の不安に怯える毎日。

けれど10年近くたって、いまだに服薬はしているものの、
美味しくご飯を食べ、モノを書き、時には友人とお酒を飲み、こうして元気に生きてます。
なんでこんなことを、わざわざブログに書くかというと、今絶望しているがん患者さんに読んでもらいたかったから。

初期治療中、同病の人のブログを必死に渡り歩きました。
同じような病状でありながら、長らく元気に生きている人を見つけて安心したかったんです。
ところが、ほとんどそういう人には会えませんでした。
再発している人ばっかりが、目につきました。

今になって、わかります。
なぜ、そういう人が見つけにくいかというと、良くなった人はいつまでもブログに病気のことを書かないからです。
日常生活をとりもどし、病気のことを考えてる暇がなくなるからです。
あるいは、仕事関係の方などに気を遣わせるのが嫌だとか。
(私もそれで、ブログに病気のことを書くのをやめました)

だから、再発したブログばかりが目につく。
当たり前のことなのに、そのことにすら気が付かないほど、当時は切羽詰まっていました。
そうしてますます絶望しました。

だからあえて、今日はブログに書こうと思います。
今、目の前が真っ暗な患者さん、再発ハイリスク群だった私も、こうして長らく生きてますよ。
他にも「リンパ節転移4つ以上」 の乳がん患者さんを6人も知ってますが、
みなさん10年近く、あるいは10年超えて、ピンピン元気にしておられます。
また運悪く再発されたものの、上手にコントロールして、生活を満喫されている方も知ってます。


もちろん、あなたも私も、来年どうなるかはわからない。
乳がんは10年以上たっても、再発リスクは0にはなりません。
けれど病気はガンだけでなく、命は事故や災害でも一瞬で消え去ります。
みなそういう、危うさと共に生きている。
今生きていることに心から感謝をしつつ、私はまたお仕事に集中していきたいと思います。
ご一緒に、頑張ってまりましょう!!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック