マレスケの虹

マレスケの虹 森川成美著 小峰書店

寝る前にほんのちょっと……のつもりが、引き込まれてイッキ読みでした。

だいじなのは、大和魂だぞ。どんなときにも、臍の下に力を入れて、ぐっとこらえてがんばれ

社会というものは平時でさえ、「それ、変だろ」「おかしいだろ」ということか多くあります。
戦時であればなおさらです。この物語には、そういう戦時の、馬鹿馬鹿しいまでの不条理がたくさん散りばめられています。

舞台は大戦時のハワイ。そこで暮らしていた数多い日系人たちは、パールハーバーの当日からこういう不条理に巻き込まれていきます。一世はともかく、アメリカ市民権のある二世までもが「敵国人」という立場に置かれました。アイデンティティがアメリカ人である彼らは、日本と戦うべく、母国に忠誠をしめすべく兵隊に志願していきます。

上のセリフは、出征していく主人公の兄に、一世である祖父がかけた言葉です。アメリカ市民である彼が、なぜ「大和魂」で、「丹田に力をこめて」祖父の国と戦わねばならないのか。ギャグのような馬鹿馬鹿しさを、森川さんは少年の目から細やかに描き出しています。

戦争の話はこれまで内側から書かれることが多かった。それも大切なことですが、こうして外からの視点で
かかれた物語もたいへん意味深いお仕事です。国際化はますます進み、複数の国にルーツや関わりを持つ人々はこれからまだまだ増えるでしょう。いざ戦争になったとき、彼らはどちらの味方でどちらの敵なのか。

森川さんの祖父はハワイに渡った一世だそうです。その歴史と丹念な取材から産まれた物語です。
カバーの、海に放たれたレイの赤さが、いつまでも胸に残りました。

画像


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック