夏菜の野菜畑

アクセスカウンタ

zoom RSS 図書ボランティア

<<   作成日時 : 2010/06/09 12:34   >>

トラックバック 0 / コメント 6

この春から、近所の小学校で図書ボランティアをしている。
お昼休み、貸し借りの受付をしたり、読みたい本を一緒に探してあげたりする。
子どもって、みんな可愛い。
特に、一年生なんて食べちゃいたいくらいである。
4月末に、そんな一年生が何人か、校長先生に連れられて来た。

校長先生「さあ、ここが図書室ですよ〜。た〜くさん本があってねえ、それを借りて帰ることもできるんですよ〜」
一年生A「……こわ」
一年生B「…………こわ」
一年生その他大勢「こわ、こわ、こわ!!」
何が怖いのかしらないが、一年生たちは雀の子を散らすように、わらわらと逃げ去っていってしまった。
後には、呆然と取り残された校長先生が……。
こういう、わけのわからんところが、とっても可愛い。
(別に私がやまんばの様な顔して、脅していた訳じゃないですよ)

子どもたちが、本をリクエストしてくるのも、とっても楽しい。
かわいい絵の本が読みたい女の子、(かわいけりゃ、中身はどうでもいいらしい)
サッカーのお話しが読みたい男の子。
(しかし、低学年向けのサッカーのお話しって、なかなかない。これ、書くのに狙い目かも)
ビクビクと表紙をめくりながら、「ちょうどよく怖い本」を探している子や、
学習図書をリクエストしてくるメガネの高学年。

こどもの匂いと、本の匂いって、私の二大好物だな。
お金を払ってもいいと思うくらいの、素敵なボランティアだ。
あそこに居ると、癒されると同時に、「書きたい!」という思いもジワジワわいてくる。

ここで宣言!!

今日から、一日3枚、絶対に書きます!!

ここに書いたんだから、是が非でも実行しなければ、民主党のマニフェストみたいになってしまう。
どうぞ皆様、「ほんまに書いてるんか」と聞いてやってください。
でないと、またさぼりそう。

……あ、やっぱり一日2枚でいい?(爆)


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
夏菜さん
私もそんなボランティアに行きたい!
子どもはかわいいですね!

でも・・・私には本の知識がない(涙)
うらやましいです。

元気で明るい夏菜さんとパセリちゃんがブログに戻ってきて嬉しいです!
sawa
2010/06/09 17:19
SAWA、いらっしゃいませ。 私もたいした知識はないんですよ〜。子供と一緒にうろうろしてるだけ。でもそれがまた楽しいですね。
夏菜
2010/06/09 21:14
R・ウェストールの「水深五尋」確かに子どもは読まないだろう作品と思うけど、今日読み終えて楽しかった。久しぶり男っぽい作品を読んで、満ち足りた気分。

ただし歴史的知識を要求される点、
大人でもしんどいかもね。

今日の読書会は「エンジャルス・エッグ」村山由佳
年上の女性に憧れる男の子(浪人生)の心情に
はらはらしてる人も居た!
おばあさんは、うまくできた恋愛小説じゃん!
売れるよって、ツメタ〜
こんなこと、自分のブログに書きゃいいのに
のん子
2010/06/10 22:02
のん子さん
相変らず、精力的に読書されてますね〜! また、お勧め本教えてくださいね。今、翻訳物のコメディとか読みたいんですか、なんかないかな?
夏菜
2010/06/10 22:38
『ハリーとしわくちゃ団』アラン・テンパリー
                イギリス 評論社
どたばただけど、面白いよ。
ジャクリーン・ウイルソンの作品は、厳しいことも優しい言葉で書かれていて、(翻訳かな)余り深刻ぶらないのがいいです。『シークレッツ』を読んでいます。
有川 浩 『三匹のおっさん』誰かに貸して戻ってこない。返ってきたらお貸しします。笑えるよ。
これからしばらくは、サッカー観戦に現を抜かします。
のん子
2010/06/14 20:44
わあ、ありがとうございます!
実は、コメディを書いてみたくて……。
コメディは断然外国ものの方がセンスいいでしょ?
そういうセンス、磨きたいです。
深刻そうな名作児童文学はもう飽きたわ
夏菜
2010/06/14 21:40

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
図書ボランティア 夏菜の野菜畑/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる