夏菜の野菜畑

アクセスカウンタ

zoom RSS 先月のことですが

<<   作成日時 : 2017/03/19 16:45   >>

トラックバック 0 / コメント 0

これ、ブログにアップしようと思って、忘れていたものです。
先月、2月26日は、たいへん忙しい一日でした。

まず朝から旭区区民センターに出かけ、落語教室「はたらくらぶ」の発表会。
設営お手伝いして、着物に着かえて、出番はトップバッターです。
月亭文都師匠が開会のご挨拶なさっているのをドキドキしながらながめているうちに
あっというまに出番です。

今回は大好きな「胴切り」です。
これはもう、ナンセンスファンタジーの古典というべき演目で、同時に究極のバリアフリー落語でもあります。
なにせ、武士に切られ、まっぷたつになった男が主人公。
上半身と下半身の、2パーツに体が分かれてしまうんですが、そこは落語。
どちらも、元気に明るく生きていくんですよ!

上半身の方は風呂屋の番台に。下半身の方は麩を作る職人になり(麩というのは、足で踏んで作ってたそうです)
体が不自由ながらも、とっても幸せそうに働いているというお噺。

こちらがその時の高座。武士が「試し切りをしたい」という暗い欲望にさいなまれている場面なので、
ちょっと怖い顔してますね(^-^;

画像


高座が終わると同時に、着物を着かえて、梅田に走ります。
日本児童文学者協会70周年記念会というものがあり、なぜか前半の司会を仰せつかりました。

画像


内田麟太郎理事長のご公演、藤田のぼる副理事長の70周年クイズ、編集者さんへの突撃インタビューなど
盛りだくさんな内容でしたが、司会は半端なく緊張する! なにせ先輩作家さんやら、ベテラン編集者さんやらが
いっぱいなんです。

なんとか役目を終え、後半の司会を服部千春さんに渡した途端、腰がぬけそうになり、自分の席でビールをガブガブ飲んで、茫然自失。さらに、二次会に突入したころには疲れでヘロヘロ。
あー、よく体がもったものだわ。

とにもかくにも、2月はこれの準備で忙しかったので、3月は巻き返そうと一生懸命書いてます。
今後はなるたけ書くことを本分にして、がんばります!




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
先月のことですが 夏菜の野菜畑/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる